トップ

耳鳴りは加齢が原因?

加齢による耳鳴りと難聴の原因

加齢による耳鳴りは老人性難聴?

最近、耳鳴りがよく起きる。もしくはなんとなく耳が聞こえにくい気がする、と感じることはないでしょうか?実は耳鳴りは加齢が原因の老人性難聴のサインである場合があるのです。
加齢によって耳鳴りが起きているのでは?とお悩みの方はどうぞこちらを読んでみてください。

そもそも、音はどのように私たちの耳に「聞こえて」くるのでしょうか。
耳の内側を覗いてみましょう。
まず、外から音が入ってくると外耳道を通って鼓膜にぶつかります。
音は空気の振動です。振動によって鼓膜が共振し、鼓膜の内側にある耳小骨(中耳)に伝わります。ここで振動は増幅されて、そのさらに内側にある蝸牛(内耳)に届き、ここで振動は電気信号になって脳に届くのです。これを伝達するのは聴神経です。
脳でこの電気信号の情報を解析して音や言葉を聞き分けるのです。

さて、耳には色々な器官があることがわかりましたが、耳鳴りや難聴に関係があるのは蝸牛です。
蝸牛には有毛細胞というアンテナのような細胞があって、音を感知しているのですが、年齢を重ねるとこの有毛細胞が剥がれてしまったり折れてしまったりして音を感知しにくくなり、耳鳴りが起こったり、老人性難聴になったりするのです。

耳はとてもデリケートな器官であり、難聴や耳鳴りなどの不調は加齢の他にもストレスや過労、またはメニエール病など様々な原因で起こり得ます。
軽い疲労やストレスが原因の場合、ストレスが軽減するに従って治ってしまうことも多いのですが、なんだかいつもと違うな、と症状が気にかかった時は早めに病院で受診してみることが大事です。
突発性難聴などは初期の手当てが、その後の回復を確実にするためにとても大事なのです。

Copyright © 加齢による耳鳴りと難聴の原因. All rights reserved.